嬉しいことが・・続きました。

社会に必要な公益市民活動   長野 稔
世界には戦争、民族・宗教紛争、環境破壊による災害、病気などで多くの人々が日々生命の危険にさらされている。また、圧政、強制労働、人身売買、貧困などで人間の自由と尊厳が失われ、健全な生活のための労働や教育の機会を奪われている人々も大勢いる。
日本国憲法25条に「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とある。諸外国も同様の定めはあるが、実現には程遠い現実がある。経済のグローバル化が格差社会を拡大させ、問題を深刻にしている。社会ニーズの最大公約数的な部分は各国の行政、企業により財サービスの供給が行われてはいるが、行政は制度の硬直化、財政赤字の問題を抱え、企業は利潤追求に走るため、社会全体のニーズに十分応えることができない。グローバル化した社会では国家の対応にも限界がある。行政や企業活動ではての届かない特定の社会ニーズに応えるため公益的な市民活動が不可欠である。1998年に特定非営利活動促進法が施行され、法人への道が開かれた意義は大きい。多くのNPOやNGOが福祉、子どもと教育、環境、地域づくり、国際支援・交流などの分野で活躍し、重要な社会的役割を担っている。
登校する子に優しく声かけ   大久保 美喜子
朝、外で可愛い声がした。先頭の子どもが黄色い旗を持っている。新入生もいるのだろう。少し緊張気味に感じられる登校班だ。4月25日の本紙に「文部科学省が「脱ゆとり」前倒しの新学習指導要領を公表した」と載っていた。10年前、娘が小学生の時「図形の面積や星座のことを詳しく教えてもらえないのはかわいそう」と話していたのを思い出す。記事は地域により教育格差が生まれる懸念も示唆していた。今、塾でアルバイトをしている娘が、規約を見せてくれた。「塾という教育サービス業に従事するものにとって、生徒の成績を向上させ志望校合格を果たす事は至上命題であることは明らかである」とある。ここに、学力向上のために専門分野をより深く、より詳しく教えられる子どももいるわけだ。春のさわやかな風に泳ぐこいのぼりのように、どの子にも「元気良く遊べ」と言いたいが、学力低下への懸念の高まりから授業時間も増えると記事にある。亡き父が中学校の教諭だったこともあり、現場の先生方の苦悩が見えるような気がする。地域住民の一人として、せめて、登校する子ども達に「おはよう、行ってらっしゃい」と優しく声をかけよう。


今回も、なんと なんと「インドに幼稚園を作る会」会員さんとのダブル連続投稿掲載となりました。    ハッピーハッピーな出来事です。

総会のご案内

総会のお知らせ
NGO インドに幼稚園を作る会 
代表 大久保美喜子
拝啓 
軽暑の候、皆様方には益々御健勝のことと
お慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。さて、NGO「インドに幼稚園を作る会」の総会の日程が決まりましたのでご案内いたします。世界には、圧政、強制労働、人身売買、
貧困などで自由と尊厳が失われ、健全な生活、
教育の機会など奪われている子ども達が大勢います。また、私達の幼稚園には、母子感染のエイズ患者もいます。
厳しい現状にいる子ども達のこと、虐げられた子ども達のこと、身近な事として一緒に考えませんか?会員となって下さり、子供達の笑顔を共に支え、応援して下さると嬉しいです。
年会費 3,000
お金は教育費、食費、衛生費に使わせて頂きます
※会員の方には会報をお届けします。

HPアドレス http://india-kindergarten.org/

今まで、ご縁が会った皆様に 上記のようなお葉書を出させていただきました。宜しくお願いします。

6月1日

インドに幼稚園を作る会の総会を6月1日に行います。

日時 平成20年6月1日(日) 午後1時~3時   場所 花月 天草市大浜町17-15   電話 090-8392-2468  駐車場有 軽食付

平成19年度の収支決算  平成20年度の活動予定等  話し合いたいと思います。  宜しくお願いします。

教えてください!

 NGOインドに幼稚園を作る会は、今 特定非営利活動法人への申請中です2ヶ月間の縦覧の後審査期間を経て、7月上旬から中ごろには認証、7月中の認証を目指しています。インドへの送金30万円は、会費、寄付、バザーなどで例年通りやっていけるのではないか?と考えていますが・・・。

昨年の5月、寄付をしてのいいよ!と言ってくださった会社があります。大雨の中、お会いして一言「いいよ!」とおしゃいました。色々な書類があったので、その会社の方が率先して手続きをしてくださいました。まだ、手続きが完了していなくて、宙ぶらりんになっています。

寄付金で、スラムに幼稚園を別に作ろうか?先生を増やそうか?エイズのための対策を考えようか?と話し合いました。12月にインドへ行ってスラムや子供達の状況を目の当たりにして 陰性のエイズの子供達の命のことを考えました。母子感染です。売春しか生活のすべの無い母親も救いたい。何も知らず生まれてくる子供達も救いたい・・・。

「寄付をするよ!」と気さくに声をかけて下さった方々の優しさに答えるためにも・・・。金額はその時、同額と言われましたので、30万円ではないかと考えていますが。

インドのムンバイ、売春街でエイズに罹った事がわかると仕事が出来なくなるので、エイズ患者は増え続けるでしょう。日本からの支援をどのように行い、子供達が生きていくために私達にできることは、どんなとこか教えてくださいませんか?

ハッピー・ハッピー

な、なんと 4月8日の 熊日、読者のひろば に投稿文が2つ!

健全育成には理念ある教育  ・・・  最近、青少年による傷害・殺人事件のマスコミ報道が数多く見られる。報道によれば、加害者の多くが学校でいじめを受けた経験を持っている。いじめが限度を越えれば、それが犯罪を誘発する原因になる事は想像に難くない。世界人権宣言の第一条に「全ての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利とについて平等である。人間は理性と良心を授けられており、お互いに同胞の精神を持って行動しなければならない」とうたわれている。これを学校や家庭の教育理念とし、その実現に努力しなければ、社会は良くならない。子どもたちに対して世の中は自分の思い通りにはならないことのほうが多いことを教えてほしい。少子化や家族の希薄化により子どもたちは甘やかされ、また放任されて育っている。自分の思い通りになると育てられた子どもたちはかわいそうである。社会に出たら自分の思い通りにならないことばかりだからだ。思い通りにならないのは社会が悪いからだと勘違いし社会に反発反抗し、悪くすれば殺人事件を起こす結果にもなりかねない。子どもたちの健全育成と社会を明るくするためにやってはならないことと、やらねばならないことをはっきり区別し、理念を持った現場教育が望まれている。 ・・・  長野 稔 NGO理事

 女性の歴史も性教育に必要  ・・・ インドの繁華街のスラムで「これ」と言って差し出した袋の中に球状の小粒の赤い薬が入っていた。彼女はエイズにかかっている。生後15日目の赤ん坊を抱いていた。彼女には私が天草から東南アジアやアフリカへ行った女性「からゆきさん」の足跡を辿る中で出会った。私達が運営するインドの幼稚園にも母子感染のエイズ患者がいる。  本紙連載の「性と生の交差点」を性教育の日本の現状という観点から、興味深く読んだ。女性史研究家・高群逸枝は「女性の歴史」の中で「今日の性交の方式を、生殖から性欲が分離した・・」と書き、作家・宮尾登美子は「人物日本の女性史」の中に「性衝動は人間の本能に基づき・・未来永劫絶えることのない需要・・」としている。わたしは、生殖には正確な科学的知識を、性欲や本能には人権の立場から、需要には、共生と自立を考え、最後にその国の女性の歴史を学ぶことが子ども達とかかわる中で性教育に必要なことと思う。そして、自分が愛されていると知ること。年に応じて、お母さんのひざに抱かれて絵本を読んでもらうのも良い。世界の途上国の子供達が、なぜスラムに暮らし、なぜエイズにかかり、なぜ母子感染なのか、と考えを深める事も必要と考える。 ・・・ 大久保美喜子(私)

☆☆☆長野さんは、NGOインドに幼稚園を作る会の理事なので~す☆☆☆

嬉しいことに 同時に載って、ハッピー・ハッピーな今日この頃なのです。

あかい花 いちりん あなたに あげる

あかい花 いちりん あなたに あげる  

これは、3月15日付けで発表した絵本です。題材は「からゆきさん」へのおもいからです。今も尚、100年前の「からゆきさん」と同じ構図で売られていく少女達がいます。今の世への 問いかけを含めて やさしい絵本にしました。欲しい方にさしあげます。会員である事が条件ですが・・・。送料着払いとさせていただきたいと思います。詳しくは、メールを・・・mikiki-o@muse.ocn.ne.jp  まで。

大きな間違い!でした。

3月25日に、収支決算報告をします。と、おふれを出しましたが、大きな間違いと気付かされ・・・。税理士の先生に監査を受けようとしたら、3月31日以降と・・・。そうですよね!結局、25日は中間報告という形にして 29日再度、税理士の先生に苦言をていされ・・・。

気を取り直し・・・6月1日、改めて 平成19年度の収支決算報告と平成20年度の活動予定、等等 話し合う事とあいなりました。宜しくお願いします。

あっという間ですね!

あっという間に、3月になりましたね!しかも半ば過ぎ・・・。  そろそろ 19年度の収支決算時期です。3月25日夜7時から 天草市大浜町の花月で行います。19年度の目標として、NPOに出来たら・・・いいな!がありました・・・今、申請していますので 今年7月には、NPO登録が出来ると思います。

19年度の大きな流れとしては、地元の小学校の子供たちが募金を募ってくれました。また、天草市の青木歯科医院や読み聞かせの仲間たちも 寄付をしてくださったので、そのお金(7万円)は通常の送金とは別に スラム街(売春街)の幼稚園の陰性エイズの子どもたちのケアに使うようインドに送金しました。詳しく、19年度収支決算報告や、20年度計画の中でお話した意と思います。

都合の付かれる方は、どうぞ・・・。花月でお待ちしています。

熊日 投稿文が載りましたよ!

1月15日 熊日に投稿した文が載りました。

先日、娘が成人式に臨みました。私達は 前日まで、インドのスラム街にいました。貧しさのためにネパールやバングラディッユ、インドの寒村から売られてきた子供たちが暮らすエリヤです。多くの人が暮らすエリアを訪れました。ネズミがごみの山をうろつき、薄暗い廊下でおしっこをする幼い子ども。泣いてる子の横でトランプに夢中な若い母親。耳がただれている子。それでも「来てくれて嬉しい」と私達に飲み物のチャイをご馳走してくれました。10畳ほどの部屋に脚の長い4つのベット、4家族。ベットの上が生活の場で下はキッチンに使われている。私には幼い子どもを抱きしめる事しかできません。その地区で14歳の少女が売られたとの情報があり、察知した現地NGOが警察と協力して水際で救い出しました。どうしようもない怒りと悲しみと憤りを感じます。巨大な闇を感じます。「この事を友人の誰かに話したとして、信じてもらえるだろうか」と、娘がふっともらしました。

 先日の本誌に、タンザニア訪問中の高村正彦外相が アフリカ支援に300億円を搬出するとの表明した記事がありました。世界に向けた支援や、娘達の成人式の晴れやかさに日本の豊かさや平和が身にしみますが、同時に必要な時に必要な金額が必要な人に心を伴って確実に届けられる日本でありたい。娘たちにはそれを担ってほしい。

NPO法人設立に向けて!

インドで幼稚園の契約更新について話し合っていた時です。「日本でNPOとして登録しているのですか?」と訊ねられました。今までも聞かれたことがありましたが、さして気にも止めずにいた事でした。

NGOでもNPOでも目的や趣旨は同じであり、子どもたちのためになっていれば・・・という思いだったのです。が、NPO法人にして活動の巾を広げてみようかな・・!という気になりました。  思い立ったら・・・吉日ですので、早速することにしました。専門家の知恵を拝借しながら頑張るぞ・・・エイエイオー。

1月11日夜7時から インド報告会とNPO法人設立に向けての話し合いをしたいと思います。       皆さんのご意見を反映したいので、よろしくご鞭撻のほどを・・・・。お願いします。

Posts navigation

1 2 3 136 137 138 139 140 141 142 143
Scroll to top