モリンガのこと。再投稿です

インドに幼稚園を作る会とモリンガのこと
 2019年4月9日
 by mikiko

インドに幼稚園を作る会がモリンガという植物のことを知ったのは2010年ごろだったでしょうか?
最初は「種を輸入したい」という話でした。
素晴らしい植物と知り、それでインドに売られてくる少女たちが生んだ子ども達の栄養補給にもなるし
利益が得られれば、小さなNPO法人であるインドに幼稚園を作る会としても大変助かる、と考えました。

モリンガの栽培が実際に始まりました。村人たちの自立のためにも、と、当初2年の契約でした。
植物の栽培ですから、短期ではなかなか難しいところもあると覚悟はしていました。
またさらに2年の契約延長をしました。
そして1年延長しました。
その間、インドの村人たちも大いに努力し、モリンガは成長し、
日本の責任者もクラウドフアンディングを成功させました。
クラウドには インドに幼稚園を作る会の会員と私の身内にも協力を仰ぎました。

搾油機を購入するとのことで、10万円の寄付で村のモニュメントに名前が刻まれるとのことでした。
モリンガに係り、5年間経過し、また、クラウドも成功し、しかしそれ以上に
「会の会計に残額があるなら残らず出すべき」と言われ、更に支出を強いられることに疑問が感じられ、

モリンガ栽培・・・総額500万円近く(5年間)
インドの幼稚園への支援額・・・700万円(約20年)

モリンガ事業は総会の議題になりました。
それは、突然の方向転換ではなく 色んな意見を出し合い 話し合ったうえでのことでした。
話し合いの結果に理解が得られず、その時点で会員さんがやめられたのは悲しかったですが、
(モリンガ事業を終了したのは2015年のことです)

何事にも試行錯誤があります。
でも、着地点は、子ども達が教育を受け自立し、等しく平和に暮らすことですので、
それぞれのやり方で 子ども達を見守っていけるとよいのだと思います。

以上は、昨年の4月の文章です。

今回の訪印で、モリンガに携わっているバラテさんご夫婦にお会いしました。
穏やかでさわやかな再会でした。
この再会が 私たちの会の前進の力になり、彼らの発展の力にもなることを予感させる
偶然の再会でした。
彼との偶然の再会は、今回だけではなく2年前、私が一人で訪印した際
アップネアップの事務所で会ったこともあり、
つながりを感じさせるものでした。

写真は、デカン高原 パトダ地区 モリンガ栽培の村です。

 

 

 

モリンガの花

現在4400本のモリンガを栽培しています。

 

 

 

インド報告会

DSC_1175

3月5日のインド訪問の報告会の様子。
写真を見ながらの説明でとてもインドの様子がよくわかりました。
と、感想をいただきました。

子供たちの写真は、2年前のもので

現在、このエリアの子供たちの

写真を撮ることは法律で禁止されています。

DSC_1160

バラテさんご夫婦

During the visit to Gandalwadi Village on 25th Feb. We discussed about Kindergarten at Gandalwadi village.
I will make a plan and send you details by email, next week

Gandalwadi(ガンバルバディ村)で、
出稼ぎに行く両親の村に残された子供たちのための
幼稚園ができないか?
と、模索しています。

無事に帰国しました。

会員の皆様
無事に帰国しました。
インド報告会を
3月5日(木)午後1時から
します。

皆様には、会報という形でご報告いたします。
(^_^)/よろしくお願いいたします。

Dear Manju san

We’ve arrived Japan safely on February 22th.
Thanks to your cooperation, we learned a lot about your organization and grad to know that
you already had made an great effort on your activities.
Also, it is amazing that you are going to build the third facilities.
Here in Japan, we are always considering what we can do for you and try to achieve your support.
India is always energetic. I love India more and more.
I hope we’ll meet again next year.
Take great care of yourself.
Mikiko

Dear Mikiko San,
Thank you for the email.
I am happy to know that you have reached safely and your trip was fulfilling.
Yes, our third centre is coming up and so do the expenses.
It would be very helpful if you increase the donation amount now.
Hoping to meet you again next year.
Best regards,
Manju

ゆうちょの振り込み

もしかして、お手数をおかけしているのでは?

ゆうちょでの振り込みができなかったとの
お知らせが2件ありました。

郵便振込

記号 17160 番号 25769481

銀行振込

天草信用金庫 本店 001番号 普通 1165653

ですが、わたしも、再度確認してお知らせいたします。
よろしくお願いいたします(^_-)-☆

インドの奇跡

NPO UPTAINです。
先のページで出会ったNPOの方々は、NPO UPTAINと言われます。

アジアろう支援をしておられます。
是非、HPで確認してみてください。

さて、もう一つの奇跡は、
ほぼ5年ぶりくらいになる再会です。

詳しくのちに報告したいと思います。

帰国しました。

インドから、22日の真夜中12時ジャストに家に帰りつきました。
たくさん歩き、たくさん笑い、たくさん食べたインドでした。

そして、大いなる出会い、と言うか、うれしい出会いがありました。
約5年ぶりとなるご家族との再会。

そして、そして・・・なんと
日本にいるときから、インドでのろう者の方は、どのような支援なりを受けているのだろうと
考えていました。そのつてもなく、なんとなく心に思っていたのでした。

すると、ホテルのレストランでしゃわを使ってる方々を発見!
すれ違いさまに、「おはよう」と挨拶をしてみました。

なんと、日本人の方々で、インドのろう者支援に来た方々でした。
私のつたない手話を一生懸命理解してくださり、同じNPOの活動だとわかりました。

インドへ(^_-)-☆

DSC_0087

昨年、インドのスタッフに英語で絵本を読みました。
私の英語力も相当ひどいですが、まったく通じず・・
結局、通訳の彼女にマラティ語で読んでもらったのでした。

今回は、子供たちの喜ぶ顔を想像しながら、
楽しい絵本を、考えて持っていきます。

「ぴよ~ん」「やさいのおなか」「そらいろのたね」
「だめよデイビット」等。
幼稚園の子供たちに英語は通じず、
スタッフ達は、英語、マラティ語、ヒンディー語
ベンガル語、ネパール語 を話します。

現地でノートや鉛筆など調達出来たら、現地のものを子供たちには
プレゼント出来たら…と考えています。

バナナはいつも食べているので、ブドウやリンゴなどがいいと
マンジュさんに言われたことがあります。
これらもムンバイの市場で買おうと思います。

がんばろっと(^_^)/

Posts navigation

1 2 3 4 5 6 150 151 152
Scroll to top