写真説明

先ほどの写真の説明をいたします。

招き猫と一緒に写っている器は、天草大陶磁器展のガラガラくじで当たったのです。
今日6日は、月曜日なのでお客さんは落ち着いていて ゆっくり見れるかな~
と、思っていったのですが、結構にぎわっていました。
良かった良かった(^◇^)

何等だか わからなかったけど、「好きなのをえらんでください」って言われて
あっ!!!「六平陶房」と、袋にありましたので、中身はわからないのだけれど 
これにしました。
欲しかった形をしていたので とっても嬉しかった(^◇^)です。

2枚目の写真「あまみん」は、
市民活動サポート 天草市の元気な市民活動団体と 市民を結ぶ情報紙 とあります。
その記念すべき 第10号に載せていただきました。

とても光栄です。
会員の皆さんへの お知らせが遅くなって スミマセン(^_-)-☆

DSC_0220
DSC_0218

招き猫さんと、天草大陶磁器展のくじ引きで大当たりした 器です。
それと、あまみんに取り上げてくださいました。

10月19日の役員会

さて、もう10月も半ば近く・・・
でも、まだ、セミが鳴いていますね。真夏日ですって!(^^)!
皆さん(^◇^)気温の変化に、体調気を付けてくださいね。

10月の役員会をします。
10月19日 午後7時半から花月にて
ボチボチ、頑張ります。よろしくお願いいたします。

「からゆきさん」と呼ばれた人たち

DSC_0043
DSC_0163
DSC_0045

自費出版した「郷愁」(きょうしゅう)
熊本日日新聞に載せていただきました。

「からゆきさん」と呼ばれた方々について 書いた本です。
読まれた方から、感想を頂きました。
30年も前になるが・・・あるお葬式での話
「この人は、外国へ行かした人やった、私たちはみんなこの人のおかげで生活が出来て来とった。
この人はえらか人やった。みんな、感謝しとる。」

ただ単に、貧しさのため売られ、貧しく帰ってきて 故郷にも拒否された「からゆきさん」と思われがちですが、
故郷の人々の心の中に (誇らしく、堂々と故郷を支えた)と、言われた方々が、ここにいたのだと 
改めて思える 言葉でした。
感謝します。

からゆきさんたち

DSC_0130
DSC_0068

絵本を出しました。
朝日新聞記事と、絵本を一緒に出した 永田由美さん。
色んなお話をして下さった96歳の堀田さんです(中央)

お琴

9月10日

天草空港で お琴を弾かせていただきました。

大勢の方に来ていただいて、子ども達ともふれあえました。

ありがとうございました。

次回は、春「花に寄せて」として、弾かせていただきたいと存じます。

新学期

2学期も始まりました。我が家の前を登校する子どもたちの

明るい声が聞こえます。

この写真は、学校から帰って来て、

勉強を教えてもらっているところです。

切り絵 鬢のほつれ

「鬢のほつれ」という題の切り絵です。ずいぶん前に制作した作品ですが、

これもまた ずいぶん前に、パリの ル・サロン展に入賞いたしました。

この作品が独り歩きし(^◇^)この度スペインのAⅯSⅭスペシャルコレクションに

入ることとなりました。展示会場は、スペイン・マドリード総合芸術センターです。

スペインへいらした折には、ぜひお立ち寄りください。

この写真は、山鹿での作品展をした時の物です。

ガンジー氏のひ孫

インドに行き始めた時、ご縁があって、ガンジー氏の曾孫さんに

会うことが出来たのでした。向かって右のふくよかな方。私を挟んで

向かって左は、新聞記者です。

  DSC_0116

Posts navigation

1 2 3 4 139 140 141